人材派遣で働くITエンジニアへ

フリーランスのエンジニアはエージェント活用で稼ぐ!

エージェントを活用して高単価案件をゲット

エージェントを活用して高単価案件をゲット

email this
LINEで送る
Pocket

稼ぐフリーランスになるためにできること

フリーランスとしていざ活動してみると、意外とやることが多くて大変だということに早い段階で気づきます。エンジニアとしての業務は会社でやってきたので慣れているとしても、事務処理は初めてという人も少なくないからです。この点は、人材派遣のエンジニアと大きく違うところでもあります。エンジニアがフリーランスになってからしっかり稼ぐには、ちょっとしたコツがあります。それは、エンジニアとしての仕事以外の業務をいかに効率化するかということです。稼いでいるフリーランスの多くは、エージェントを活用することで時間を作り出し、収入に直結する業務にその時間を充てているのです。

エージェントを使うとなぜ時間ができるのか

広い地域の中にある企業を自分の足で一軒ずつ訪ねて営業を重ねたとしても、一日でこなせる数は限られています。そこまでしても仕事はほとんど取れないのがフリーランスの現実で、人脈豊富な人でないと実際はなかなか難しいものです。しかし、エージェントを活用すれば、自分の代わりに営業を行ってくれる担当者がいて、フリーランスがどれだけ背伸びしても届かないような高単価案件も一瞬にして選択肢に含めてくれます。ただ案件を紹介する無機質なサポートではなく、スキルや希望する条件を把握し、契約から契約後の進捗まで徹底的にフォローしてくれるのもうれしいポイントです。エージェントがかなりの部分をフォローしてくれるので、本来であれば営業などに費やしていたであろう時間はすべて自分のものです。

安定が手に入る

収入が不安定なのは、フリーランスにとってデメリットの代表的な要素です。しかし、エージェントを通して仕事をしている人は、仕事が途切れないように調整してもらうことができるので、結果として仕事も生活も安定します。すべてを任せるフリーランスとしては、信用できるエージェントかどうかを見極めたいところです。
そんな人におすすめなのが「フォスターフリーランス」です。1996年からずっとITエンジニアをサポートしてきたベテランのエージェントです。

あなたの経験・スキルを正しく評価し、ご希望に合わせた案件を常時5,000件の中からご提案します。

↑フォスターフリーランスから引用

フォスターフリーランス

これまでの豊富な経験と実績が、フリーランスの安定した案件獲得の実現につながっています。

事務的な仕事の手間をカット

「エンジニアとしての力はあっても事務処理は苦手」という人にとって、エージェントの存在はかなり心強いものです。顧客との契約ひとつ取り付けるにしても、スキルシートの作成や契約書、誓約書の取り交わしなど、書類作成に追われてしまうものですが、エージェントが代行してくれればその手間は一切なくなります。
そこでおすすめなのがIT系フリーランスのサポートを専門としている「レバテックフリーランス」です。

個別契約書・個人情報保護における誓約書・機密保持誓約書などの契約書類の対応方法は、詳しくご説明しますのでご安心ください。

↑レバテックフリーランスから引用

レバテックフリーランス

相談から参画後までの手厚いサポート力に定評のあるエージェントで、事務的な仕事も安心して任せることができます。

最新記事

  • 自己管理が大変【フリーランス】

    エンジニアがフリーランスになると、エンジニアとしての仕事以外にも営業、交渉、経費管理、書類作成や送付などの業務を次々とこなしていかなければなりません。ここで問われるのが自己管理能力ですが、便利なアプリでそれを補うことができます。

  • タイプによって年収が変わる

    フリーランスとして働く人には、本業を持ちつつ隙間の時間を利用し、副業としてフリーランス活動を行う人もいれば、フリーランスの仕事を本業としている人もいるため、働き方のタイプによってそれぞれ年収が異なります。

  • フリーランスになるべき理由とおすすめスキル

    フリーランスになるべき理由は、フリーランスのメリットを知ればすぐわかります。もちろんデメリットもありますが、人材派遣より可能性を広げることができるはずです。また、Javaのスキルがあるとエンジニアとしての幅が広がります。

おすすめ記事

  • エージェントを活用して高単価案件をゲット

    エンジニアの能力と営業力は別物なので、フリーランスになりたい気持ちはあっても稼げる自信がない人は少なくありません。しかし、フリーランス専門のエージェントを活用すれば、営業が苦手な人でも高単価案件をゲットできます。

  • 不安定な部分が多い【人材派遣】

    人材派遣のデメリットは、派遣先が変わることによって起こる問題がほとんどです。企業はそれぞれ独自の現場ルールがあるため、慣れるまでには時間がかかります。また、次の派遣先が決まらなければ、その間は無収入になってしまいます。

  • 自由度が高い【フリーランス】

    フリーランスエンジニアのメリットのひとつは、働く時間や場所から仕事の内容まで自分で決めることができる自由度の高さです。会社員なら絶対にないような自由がある反面責任も重いですが、その分、やりがいもあります。